差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:design_with_prototyping:07.時計盤面のソフトウェアプロトタイピング [2019/05/07 12:13]
baba [Processingによる時計プログラム]
— (現在)
ライン 1: ライン 1:
-====== 時計盤面をソフトウェアでプロトタイピング ====== 
-ここまでのソフトウェア練習のまとめとして,実際にスケッチからプロトタイピングをしてみます. 
- 
-  - 盤面デザインをスケッチし,デザイン指示書を作成する.デザイン指示書としては下記サンプルを参照してください. 
-    - {{:​lecture:​設計指示書.png?​link&​200|}} 
-  - 制作したデザイン指示書をもとにProcessingで制作する 
-    - プログラムの雛形:https://​www.dropbox.com/​sh/​rq8nm2t1ut7qba7/​AABUHROwJ18W-WjPAh0NOVZ6a?​dl=0 
- 
-===== Processingによる時計プログラム ===== 
- 
-ProcessingにはすでにExampleにおいて時計に関するプログラムがありますので,まずはそちらを動作させてみましょう. 
-  * https://​processing.org/​examples/​clock.html 
- 
  
  • lecture/design_with_prototyping/07.時計盤面のソフトウェアプロトタイピング.1557198829.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/07 12:13
  • by baba