差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:プロトタイピング基礎:2019 [2019/05/07 12:58]
baba [特別講義]
lecture:プロトタイピング基礎:2019 [2019/07/16 14:10] (現在)
baba [touchDesigner]
ライン 31: ライン 31:
   * [[lecture:​design_with_prototyping:​00.前書き|Design With Prototyping]]   * [[lecture:​design_with_prototyping:​00.前書き|Design With Prototyping]]
 のページを参照しながら進めます.プログラミングに関する入門的知識を学習しつつ,Processingを利用したプログラミングスケッチを体験していきます. のページを参照しながら進めます.プログラミングに関する入門的知識を学習しつつ,Processingを利用したプログラミングスケッチを体験していきます.
 +
 +===== 時計盤面をソフトウェアでプロトタイピング =====
 +実際にスケッチからプロトタイピングをしてみます.
 +
 +  - 盤面デザインをスケッチし,デザイン指示書を作成する.デザイン指示書としては下記サンプルを参照してください.
 +    - {{:​lecture:​設計指示書.png?​link&​400|}}
 +  - 制作したデザイン指示書をもとにProcessingで制作する
 +    - プログラムの雛形:{{ :​lecture:​プロトタイピング基礎:​clock_template.zip |}}
 +
 +時計プロトタイピングの課題はkibacoに詳細な説明があります。
  
 ==== Arduino ==== ==== Arduino ====
 +授業前までに必ずインストールと動作確認(ソフトウェアが立ち上がるか)を必ず済ませておいてください。
 +  * https://​www.arduino.cc/​en/​Main/​Software
 +
 +===== 音を鳴らす =====
 +LEDでの基礎知識をもとに今度はスピーカを制御してみます。詳しくは下記ページで学習します。
 +  * [[arduino:​出力基礎:​音を鳴らす|音を鳴らす]]
 +
 +===== センサの値をPCに送る =====
 +CDS及び、静電容量センサ回路を作成して、センサからの値をArduino及びProcessingにて表示することを行います。CDSに関しては授業内で解説します。静電容量センサについては [[arduino:​入力基礎:​タッチセンサ|タッチセンサ]]を参考にしてください。
 +
 +===== touchDesigner =====
 +2019年度最後の授業では touchDesigner の導入・入門を行い、課題提出をしてもらいます。授業の中ではtouchDesignerの基本的な操作方法から解説をした後、音に合わせて変化するコンピュータグラフィックスをいくつかプロトタイプしてみます。touchDesignerのインストールが必要なので、
 +  * touchDesignerのインストール(ダウンロードリンク:https://​www.derivative.ca/​099/​Downloads/​)
 +  * アカウント作成(https://​www.derivative.ca/​Login/​RegisterForm.asp)
 +  * 作成したアカウントでtouchDesignerソフトウェアのアクティベーション
  
 +を必ず授業開始前までに済ませてください。
  
 +==== Particleの作成 ====
 +Particleの作成は下記リンクを参照してください。
 +  * [[touchdesigner:​particle:​02.炎|炎を表現する]]
  
  • lecture/プロトタイピング基礎/2019.1557201504.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/07 12:58
  • by baba