lecture:design_with_prototyping:11.ピクセル再構成

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:design_with_prototyping:11.ピクセル再構成 [2020/06/02 10:45]
baba [対象物を表現するには]
lecture:design_with_prototyping:11.ピクセル再構成 [2020/06/02 11:22] (現在)
baba [線で表現する]
ライン 240: ライン 240:
  
 ===== 線で表現する ===== ===== 線で表現する =====
 +<WRAP center round tip 60%>
 +以下のサンプルプログラムはsetup(),​ draw()の内プログラムになっています.自分でvoid setup(){} void draw(){}に書き直して
 +tweakモード実行しつつ,プログラムの振る舞いを観察してみましょう.
 +</​WRAP>​
 +
 上記はピクセルをベースに対象物を再構成してみましたが,次は線を用いてみます. 上記はピクセルをベースに対象物を再構成してみましたが,次は線を用いてみます.
 {{ :​lecture:​design_with_prototyping:​pixel_sample10.png?​nolink |}} {{ :​lecture:​design_with_prototyping:​pixel_sample10.png?​nolink |}}
  • lecture/design_with_prototyping/11.ピクセル再構成.txt
  • 最終更新: 2020/06/02 11:22
  • by baba