lecture:design_with_prototyping:前書き

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:design_with_prototyping:前書き [2019/11/07 14:38]
baba
lecture:design_with_prototyping:前書き [2020/03/31 14:19] (現在)
baba
ライン 13: ライン 13:
 なった現在において,そのデザインの大衆化から「デザイナーの大衆化」が進んできました.誰もがデザインを なった現在において,そのデザインの大衆化から「デザイナーの大衆化」が進んできました.誰もがデザインを
 プロダクトとして享受できる時代から,「誰もがデザインをプロダクトする時代」に変わってきました. プロダクトとして享受できる時代から,「誰もがデザインをプロダクトする時代」に変わってきました.
 +
 +一方でプロダクトとは製品のことですが,Productとは Pro(前に) + Duct(導く)ものであるわけです.製品といってしまうと
 +たくさんの人たちに向けた,お役立ち商品,みたいな側面が印象強いかもしれません.が,本来は誰かや何かをを一つ前へ推し進める
 +ものに他なりません.それはOLのランチタイムをより良くするものでも,サラリーマンの通勤をより快適にするものでも,
 +自分の母親や友人を助けるためでも,それはプロダクトなわけです.誰かを前に導くために必要な能力とは一体なんでしょうか.
 +ぜひみなさん自身でいちご考えてみてください.
  
 この背景において,これまでデザインやアートを支えて来た「造形力」の意味には,クラフト的な要素だけではない, この背景において,これまでデザインやアートを支えて来た「造形力」の意味には,クラフト的な要素だけではない,
  • lecture/design_with_prototyping/前書き.1573105103.txt.gz
  • 最終更新: 2019/11/07 14:38
  • by baba