arduino:m5stickc:02.エルチカ

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
arduino:m5stickc:02.エルチカ [2020/08/08 09:47]
baba
arduino:m5stickc:02.エルチカ [2020/09/07 09:28] (現在)
baba
行 5: 行 5:
 {{ :arduino:m5stick:m5stickc_01.jpg?400 |}} {{ :arduino:m5stick:m5stickc_01.jpg?400 |}}
  
 +<html>
 +<div style="position: relative; padding-bottom: 62.5%; height: 0;"><iframe src="https://www.loom.com/embed/95d4962a97174a97a28f240d41fc6302" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen style="position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%;"></iframe></div>
 +</html>
 <code> <code>
 #include <M5StickC.h> #include <M5StickC.h>
行 21: 行 24:
 </code> </code>
  
-さあ、1秒おきにLEDを点滅させることができたでしょうか?+===== 外部LEDをLチカさせる ===== 
 +さあ、1秒おきに内部LEDを点滅させることができたでしょうか?
 これだけでは内部に実装されたLEDの点滅のみなので、ブレッドボード上のLEDも同様に点滅させてみましょう。 これだけでは内部に実装されたLEDの点滅のみなので、ブレッドボード上のLEDも同様に点滅させてみましょう。
-M5StickCにはソケットが備わっており、ここからジャンパー線などを利用して入力や出力を簡単に拡張することができます。今回はG0ピンをLED動作ピンとして利用してみます。他のピンでももちろん構いません。またオームの法則を利用して利用するLEDに適切な抵抗を一本追加する必要があります。+M5StickCにはソケットが備わっており、ここからジャンパー線などを利用して入力や出力を簡単に拡張することができます。今回はG0ピンをLED動作ピンとして利用してみます。他のピンでももちろん構いません。またオームの法則を利用して利用するLEDに適切な抵抗を一本追加する必要があります。以下動画で利用している抵抗は270[Ω]を利用しています。LEDと抵抗の計算方法は別途[[http://www.sousin.net/design/sousin/contents/teikou_keisan.htm]]を参照してください。またLEDには極性(プラスとマイナスを間違えてはいけない、ということ)がありますので、プラス(アノードと呼びます)、マイナス(カソードと呼びます)を間違えないように接続してください。下記動画の回路図も合わせて示します。 
 + 
 +<html> 
 +<div style="position: relative; padding-bottom: 62.5%; height: 0;"><iframe src="https://www.loom.com/embed/bf2d7020e6d94bbeab609aec17dce794" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen style="position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%;"></iframe></div> 
 +</html> 
 + 
 +<code> 
 +#include <M5StickC.h> 
 + 
 +void setup(){ 
 +  M5.begin(); 
 +  pinMode(G0, OUTPUT); 
 +
 + 
 +void loop(){ 
 +  digitalWrite(G0, LOW); 
 +  delay(1000); 
 +  digitalWrite(G0, HIGH); 
 +  delay(1000); 
 +
 +</code> 
 + 
 +{{ :arduino:m5stick:スクリーンショット_2020-08-08_10.10.53.png |}} 
 + 
 + 
 +===== ボタンを押したときだけ光るLED ===== 
 +では最後にボタン(G37)を押したときだけLEDが発光するプログラムを作成してみます. 
 +<html> 
 +<div style="position: relative; padding-bottom: 62.5%; height: 0;"><iframe src="https://www.loom.com/embed/36a474cffab14c05b29836ca3454ce33" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen style="position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%;"></iframe></div> 
 +</html> 
 +<code> 
 +#include <M5StickC.h> 
 + 
 +void setup() { 
 +  // put your setup code here, to run once: 
 +  pinMode(G0, OUTPUT); 
 +  pinMode(G37, INPUT); 
 +
 + 
 +void loop() { 
 +  // put your main code here, to run repeatedly: 
 +  if( digitalRead(G37) == LOW ){ 
 +    digitalWrite(G0, HIGH); 
 +  } 
 +  else{ 
 +    digitalWrite(G0, LOW); 
 +  } 
 +
 +</code> 
 + 
 +---- 
 + 
 +{{indexmenu>:arduino:m5stickc#1|js#indextheme navbar}} 
  • /home/users/2/lolipop.jp-4404d470cd64c603/web/ws/data/attic/arduino/m5stickc/02.エルチカ.1596847626.txt.gz
  • 最終更新: 2020/08/08 09:47
  • by baba