openframeworks:ofeventを独自クラスに実装

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

openframeworks:ofeventを独自クラスに実装 [2019/06/22 20:51] (現在)
baba 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== Eventを独自クラスに実装 ======
 +ofを利用してclassやaddonを作成していると、独自に作成したクラスにkeyPressedやmousePressedといったコールバック関数を登録したくなることがあるでしょう。下記リンクを参照するのその辺りの情報がでています。
  
 +  * 参考リンク:https://​forum.openframeworks.cc/​t/​how-to-get-core-events-functions-into-another-class/​1825/​6
 +
 +具体的には例えばこんなふうにすればキーボード入力をcallbackにて受け取ることができます。同様にマウス操作等も扱えるようになります。
 +<code .h myClass.h>​
 +class myClass{
 +  myClass(){
 +    ofAddListener(ofEvents().keyPressed,​ this, &​myClass::​keyPressed);​
 +  }
 +  ~myClass()
 +  {
 +    ofRemoveListener(ofEvents().keyPressed,​ this, &​myClass::​keyPressed);​
 +  }
 +  void keyPressed(ofKeyEventArgs &e){
 +    cout << "​myClass Event: " << e.key << endl;
 +  }
 +};
 +</​code>​
  • openframeworks/ofeventを独自クラスに実装.txt
  • 最終更新: 2019/06/22 20:51
  • by baba