lecture:デジタルコンテンツ2:2019

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:デジタルコンテンツ2:2019 [2020/01/16 16:04]
baba [最終課題 ウェブポートフォリオを作成する]
lecture:デジタルコンテンツ2:2019 [2020/05/02 10:07] (現在)
baba ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
ライン 1: ライン 1:
 ====== デジタルコンテンツ2教材ページ ====== ====== デジタルコンテンツ2教材ページ ======
-このページでは2019年度版デジタルコンテンツ2の教材を提供します. 
-<WRAP center round alert 80%> 
-提出課題ファイル名や提出形式が正しくない提出物が散見されます。1,​2回分の課題はこちらで受け付けましたが、以後は自動的に課題受け取りが拒否されてしまうので十分に注意してください。以下の場合は提出しても受付できません。 
-  * ファイル名が「学籍番号.拡張子」になっていない 
-  * ファイルフォーマットが異なる 
-  * その他、提出形式の条件を満たしていないもの 
-</​WRAP>​ 
- 
 <WRAP center round important 80%> <WRAP center round important 80%>
-  ​* 課題の提出状況:https://​www.dropbox.com/​s/​8bsx49ehtbzt4sz/​result.zip?​dl=0 +最終課題分(kadai8)を含めた提出状況をまとめました.週明けの2月3日(月)までに確認し,自身の提出状況と異なるようであれば早急に baba@tmu.ac.jp までメールをしてください. 
-    *    --- //​[[baba@tmu.ac.jp|Tetsuaki Baba]] 2020/01/10 09:09//+  ​* 課題の提出状況:https://​www.dropbox.com/​s/​pscu8msvfmmg12s/​result.zip?​dl=0 
 +    *   ​--- //​[[baba@tmu.ac.jp|Tetsuaki Baba]] 2020/02/03 09:43//
     * インターネット・エクスプローラーではファイルがダウンロードできない不具合が報告されています.ファイルの閲覧にはChromeやSafariなどのブラウザを利用してください.     * インターネット・エクスプローラーではファイルがダウンロードできない不具合が報告されています.ファイルの閲覧にはChromeやSafariなどのブラウザを利用してください.
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
-</​WRAP>​ 
  
 ===== README ===== ===== README =====
ライン 46: ライン 38:
 | 15  | 12  | 12月20日(金) ​ | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     ​| ​            | | 15  | 12  | 12月20日(金) ​ | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     ​| ​            |
 | 16  | 13  | 1月10日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     | p5.js       | | 16  | 13  | 1月10日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     | p5.js       |
-| 17  | 14  | 1月17日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  |       ​| 最終課題のhowto ​ | +| 17  | 14  | 1月17日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     | 最終課題のhowto ​ | 
-| 18  | 15  | 1月24日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  |       ​| これまでの課題講評 ​  |+| 18  | 15  | 1月24日(金) ​  | 2   | 10:40 - 12:10  | ◯     | これまでの課題講評 ​  |
 ===== 課題に関して ===== ===== 課題に関して =====
   * 提出するファイル名は必ず自身の学籍番号にしてください。例えば学籍番号が1234567の場合で、提出するファイルの種類がzipだった場合、提出ファイル名は 1234567.zip となります。ファイル名が正しくない場合はこちらで正常に課題を受け付けることができません。   * 提出するファイル名は必ず自身の学籍番号にしてください。例えば学籍番号が1234567の場合で、提出するファイルの種類がzipだった場合、提出ファイル名は 1234567.zip となります。ファイル名が正しくない場合はこちらで正常に課題を受け付けることができません。
ライン 62: ライン 54:
  
 ==== 課題2 プログラムで丸を描く ==== ==== 課題2 プログラムで丸を描く ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​デジタルキュビズム|Cubisme(キュビズム)]]で実施した内容をもとに、丸をbeginShape,​ endShapeを利用して描いてください+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​10.デジタルキュビズム|Cubisme(キュビズム)]]で実施した内容をもとに、丸をbeginShape,​ endShapeを利用して描いてください
   * 提出形式:PNG形式   * 提出形式:PNG形式
     * 画面のスクリーンショットを提出してください     * 画面のスクリーンショットを提出してください
ライン 70: ライン 62:
  
 ==== 課題3 アスキーアートエフェクト動画を作る ==== ==== 課題3 アスキーアートエフェクト動画を作る ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​動画の再構成|動画の再構成]]を参考にして、動画をアスキーアートに変換するプログラムを記述してください。+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​12.動画の再構成|動画の再構成]]を参考にして、動画をアスキーアートに変換するプログラムを記述してください。
   * 提出形式:mp4形式(5MB以下)   * 提出形式:mp4形式(5MB以下)
     * 実行時の様子を動画にして提出してください。     * 実行時の様子を動画にして提出してください。
ライン 81: ライン 73:
  
 ==== 課題4 モーションキャプチャデータの再構成 ==== ==== 課題4 モーションキャプチャデータの再構成 ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​動作の再構成|動きを再構成する]]を参考にして,あなたが「美しい」と感じる静止画像を生成してください.+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​13.動作の再構成|動きを再構成する]]を参考にして,あなたが「美しい」と感じる静止画像を生成してください.
   * 提出形式:png形式,1000x600[px](setup()関数内で,size(1000,​600)としてください)   * 提出形式:png形式,1000x600[px](setup()関数内で,size(1000,​600)としてください)
     * 実行画面の保存にはsave()関数を利用すると良いです.     * 実行画面の保存にはsave()関数を利用すると良いです.
ライン 91: ライン 83:
  
 ==== 課題5 再帰関数でストライプを再構成 ==== ==== 課題5 再帰関数でストライプを再構成 ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​グリッドの再構成|Composition]]を参考にして,再帰関数を利用してストライプを生成するプログラムを提出してください.+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​14.グリッドの再構成|Composition]]を参考にして,再帰関数を利用してストライプを生成するプログラムを提出してください.
   * 提出形式:pde形式(Processingのファイル形式です.出力結果の画像ファイルを提出しないように注意してください.)   * 提出形式:pde形式(Processingのファイル形式です.出力結果の画像ファイルを提出しないように注意してください.)
   * ファイル名:学籍番号.pde   * ファイル名:学籍番号.pde
ライン 99: ライン 91:
  
 ==== 課題6 アニメーションするテキスタイルパターン ==== ==== 課題6 アニメーションするテキスタイルパターン ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​パターンの再構成|パターンの再構成]](現在閲覧制限をかけているので,{{ :​lecture:​デジタルコンテンツ2:​pattern.zip |}}からダウンロード.パスワードは課題提出一覧閲覧パスワードと同一)を参考にして,クラスを利用してアニメーションするパターンプログラムを制作してください.なお,題材とするパターンはミナペルホネンの[[https://​www.mina-perhonen.jp/​textile/​|TEXTILE]]ページの中から好きなものを選んでください.+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​15.パターンの再構成|パターンの再構成]](現在閲覧制限をかけているので,{{ :​lecture:​デジタルコンテンツ2:​pattern.zip |}}からダウンロード.パスワードは課題提出一覧閲覧パスワードと同一)を参考にして,クラスを利用してアニメーションするパターンプログラムを制作してください.なお,題材とするパターンはミナペルホネンの[[https://​www.mina-perhonen.jp/​textile/​|TEXTILE]]ページの中から好きなものを選んでください.
   * 提出形式:pde形式(Processingのファイル形式です.出力結果の画像,動画ファイルではありません)   * 提出形式:pde形式(Processingのファイル形式です.出力結果の画像,動画ファイルではありません)
     * 教員側で動作を確認するので,外部ファイルをなしで動作するプログラムにしてください(画像ファイル等を読み込んで利用してはいけません).     * 教員側で動作を確認するので,外部ファイルをなしで動作するプログラムにしてください(画像ファイル等を読み込んで利用してはいけません).
ライン 107: ライン 99:
  
 ==== 課題7 ジェネラティブ紋 ==== ==== 課題7 ジェネラティブ紋 ====
-  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​紋の再構成|もん(紋)]]を参考にして,特に[[http://​tetsuakibaba.jp/​ws/​doku.php?​id=lecture:​design_with_prototyping:​紋の再構成#​遊ぶ|遊ぶ]]の箇所に関して理解をした後,オリジナルの紋を生成し,その画像とコードを提出してください.すでにサンプルとしていくつか提示していますが,そこでのヒントをベースに(もしくはもっといろいろ工夫していただいてかまいません)オリジナルな紋を生成するプログラムを記述してください.+  * 課題内容:[[lecture:​design_with_prototyping:​16.紋の再構成|もん(紋)]]を参考にして,特に[[http://​tetsuakibaba.jp/​ws/​doku.php?​id=lecture:​design_with_prototyping:​紋の再構成#​遊ぶ|遊ぶ]]の箇所に関して理解をした後,オリジナルの紋を生成し,その画像とコードを提出してください.すでにサンプルとしていくつか提示していますが,そこでのヒントをベースに(もしくはもっといろいろ工夫していただいてかまいません)オリジナルな紋を生成するプログラムを記述してください.
   * 提出形式:zip 形式( Processingのプロジェクトフォルダと画像を zip ファイルにまとめて提出してください)   * 提出形式:zip 形式( Processingのプロジェクトフォルダと画像を zip ファイルにまとめて提出してください)
   * ファイル名:学籍番号.zip   * ファイル名:学籍番号.zip
ライン 123: ライン 115:
     * 授業全体の感想を記載すること.     * 授業全体の感想を記載すること.
     * ウェブポートフォリオの雛形は,https://​html5up.net や https://​templated.co から好きなものを選ぶ.授業で紹介するテンプレートを利用しても良いですが,その場合は最終課題の評点加点がその分なくなります.     * ウェブポートフォリオの雛形は,https://​html5up.net や https://​templated.co から好きなものを選ぶ.授業で紹介するテンプレートを利用しても良いですが,その場合は最終課題の評点加点がその分なくなります.
-  ​* 参考提出物(馬場が作成した最終課題提出例.必ず一度確認してください):{{ :​lecture:​デジタルコンテンツ2:​123456789馬場哲晃.zip |}}+    * これまでの課題にて自身が制作したものと全く同じものをウェブポートフォリオに掲載する必要はありません.必要に応じて修正などを行い見せ方を工夫していただいて構いません. 
 +  ​* 参考提出物(馬場が作成した最終課題提出例.必ず一度確認してください):{{ :​lecture:​デジタルコンテンツ2:​sample.zip |}}
   * 提出形式:zip形式   * 提出形式:zip形式
   * ファイル名:学籍番号氏名.zip   * ファイル名:学籍番号氏名.zip
   * 提出リンク:https://​www.dropbox.com/​request/​SbE8j6VNxBFpyBJ3Y5Xa   * 提出リンク:https://​www.dropbox.com/​request/​SbE8j6VNxBFpyBJ3Y5Xa
   * 締切:1月31日(金)17:​00迄 ​   * 締切:1月31日(金)17:​00迄 ​
 +    * なお,締め切り提出後に最終課題を含めた提出物の最終確認期間(1週間程度)を予定しています.
 +    * <wrap em>​最終課題の未提出の場合は単位習得が困難になります</​wrap>​
 ===== 目次 ===== ===== 目次 =====
 本ページの教材である Design With Prototyping をベースにすすめていきます. 本ページの教材である Design With Prototyping をベースにすすめていきます.
ライン 133: ライン 128:
  
   * 最終課題へ向けて   * 最終課題へ向けて
-    * [[processing:​p5js|p5.js:​ Processingをブラウザで動かす]]+    * [[processing:​p5js:​01.processingからの移行|p5.js: Processingをブラウザで動かす]]
     * https://​html5up.net     * https://​html5up.net
     * https://​templated.co     * https://​templated.co
  • lecture/デジタルコンテンツ2/2019.1579158260.txt.gz
  • 最終更新: 2020/01/16 16:04
  • by baba