lecture:インタラクションデザイン演習実習Ⅰ:2020

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:インタラクションデザイン演習実習Ⅰ:2020 [2020/05/20 02:06]
baba [論文読解2:笑顔は人を幸せにするのか?笑顔促進支援システム]
lecture:インタラクションデザイン演習実習Ⅰ:2020 [2020/05/27 10:00] (現在)
baba [論文読解2:笑顔は人を幸せにするのか?笑顔促進支援システム]
ライン 224: ライン 224:
  
  
-続いて、次のサンプルを利用してまずは手っ取り早く、FaceTrackerしてみます。+続いて、次のサンプルを利用してまずは手っ取り早く、FaceTrackerしてみます。以降はブラウザを必ずChromeにて実行してください.
   * https://​editor.p5js.org/​tetsuakibaba/​sketches/​uAjpgLA6G   * https://​editor.p5js.org/​tetsuakibaba/​sketches/​uAjpgLA6G
 +
 +上記サンプルの元になっているのが,[[https://​github.com/​auduno/​clmtrackr]] です.こちらのサンプルでは単純なfacetrackerの他にマスク,
 +サブスティチューション,表情認識等のデモを確認することができます.まずは各頂点情報を参照して,顔の各パーツを扱えるようにプログラムを工夫していきます.すでにexampleでは口の横の長さで笑顔度を計算する記述も含まれているので,うまく利用してみましょう.
  
  
  
  • lecture/インタラクションデザイン演習実習Ⅰ/2020.1589908003.txt.gz
  • 最終更新: 2020/05/20 02:06
  • by baba