gnuplot:03.作図手続きの一括化

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

gnuplot:03.作図手続きの一括化 [2019/06/23 17:08]
baba 作成
gnuplot:03.作図手続きの一括化 [2019/06/23 17:11] (現在)
baba
ライン 2: ライン 2:
 ここまででグラフを作図できるようになりましたが、個人的には「めんどくさいな」が1番の印象です。だいたい使うグラフの種類は決まっているので、ある程度雛形を決めておいて、コマンド一発で処理したい。と思ってしまいます。そこで、シェルの特徴を活かし、gnuplotの一連の手続きをファイルに保存し、それを実行することで簡単に作図を行いたいと思います。 ここまででグラフを作図できるようになりましたが、個人的には「めんどくさいな」が1番の印象です。だいたい使うグラフの種類は決まっているので、ある程度雛形を決めておいて、コマンド一発で処理したい。と思ってしまいます。そこで、シェルの特徴を活かし、gnuplotの一連の手続きをファイルに保存し、それを実行することで簡単に作図を行いたいと思います。
  
-[[gnuplot:​02.基本的な作図|基本的な作図]]で使った身長体重のデータを一括化(バッチ処理化)します。具体的には下記のファイルを用意して、sh というシェルを実行するコマンドに対し、ファイル名を指定して実行すればよいです。+[[gnuplot:​02.基本的な作図|基本的な作図]]で使った身長体重のデータを一括化(バッチ処理化)します。具体的には下記のファイルを用意して、sh というシェルを実行するコマンドに対し、ファイル名を指定して実行すればよいです。下記ではグラフをpngに保存するためのコードを追加しました
  
 <file .sh sample.sh>​ <file .sh sample.sh>​
 +gnuplot <<​EOF 
 +set xlabel "​Height [cm]" font "​Arial,​14" ​   
 +set ylabel "​Weight [kg]" font "​Arial,​14" ​   
 +set tics font "​Arial,​14"​ 
 +set key top left font "​Arial,​14"​ 
 +set terminal pngcairo 
 +set output "​sample.png"​ 
 +plot [0:] [0:100] "​sample.csv"​ title "Group A" with points linewidth 5  
 +#EOF
 </​file>​ </​file>​
  
 +  $ sh sample.sh
 +  ​
 +としてコマンドを実行してみましょう。手元にsample.png というグラフがファイルができていれば成功です。
  • gnuplot/03.作図手続きの一括化.txt
  • 最終更新: 2019/06/23 17:11
  • by baba