差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
arduino:writer [2019/01/19 11:00]
baba [外部クロック付きのATMEGA328に書き込む]
arduino:writer [2019/01/19 11:41] (現在)
baba [外部クロック付きのATMEGA328に書き込む]
ライン 56: ライン 56:
 上記内蔵クロックがお手軽ですが、長期間運営するシステムの一部にマイコンを入れる場合や、動作の信頼性を重要視したい場合、通常は外部クロック(水晶振動子やセラロック等)を載せた状態で書込みを行います。このセクションではその手順を紹介します。先程hardwareにinternal clock 8MHzの328を追加したかと思いますが、今回は外部クロック動作での328になります。そこで、「シナプスのハード製作記」(https://​synapse.kyoto/​tips/​bootloader_ATmega88/​page001.html)に記載されている、「5.Arduino IDEにATmega88/​88V/​168P/​328P用のブートローダを登録する方法」を参照して、マイコンボードに追加します。このページでは、(https://​synapse.kyoto/​zip/​ATmega88_168P_328P_100.zip)を利用します。 上記内蔵クロックがお手軽ですが、長期間運営するシステムの一部にマイコンを入れる場合や、動作の信頼性を重要視したい場合、通常は外部クロック(水晶振動子やセラロック等)を載せた状態で書込みを行います。このセクションではその手順を紹介します。先程hardwareにinternal clock 8MHzの328を追加したかと思いますが、今回は外部クロック動作での328になります。そこで、「シナプスのハード製作記」(https://​synapse.kyoto/​tips/​bootloader_ATmega88/​page001.html)に記載されている、「5.Arduino IDEにATmega88/​88V/​168P/​328P用のブートローダを登録する方法」を参照して、マイコンボードに追加します。このページでは、(https://​synapse.kyoto/​zip/​ATmega88_168P_328P_100.zip)を利用します。
  
 +書込みの手順は上記を参照してください。接続方法は下記の図のとおりです。
  
 +{{ :​arduino:​スクリーンショット_2019-01-19_11.40.18.png?​nolink |}}
  • arduino/writer.txt
  • 最終更新: 2019/01/19 11:41
  • by baba