arduino:espr_developer

ESPr Developer

ESP8266を載せたArduino互換ボードです。スイッチサイエンスから販売されているESPr Developerを研究室ではよく利用するのですが、シリアルチップがFTDIチップであることと、8266のバージョンやArduinoのバージョンなんかでうまく動作しなかったり、書き込めなかったりするトラブルが頻発していたので、動作環境をまとめておきます。

最初に FT231XSチップを動作させるために、Macの場合はドライバーをインストールする必要があります。

  1. https://mag.switch-science.com/2013/01/23/install_vcp_driver_to_mac/ を参照してドライバをインストール
  2. PCを再起動
  3. USB接続をして、Arduinoからシリアルポートが見れるか確認

上記手順でドライバインストール後にも関わらずポートが出てこない場合は、USBポートの電力不足かもしれません。USBハブなどを使わず、 なるべく直接接続して試してください。usb type-cの場合は変換コネクタを数種試してみましょう。

令和元年8月22日時点での確認済み環境。

  • arduino/espr_developer.txt
  • 最終更新: 2019/10/14 23:52
  • by baba