差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
arduino:bleで姿勢情報を送信 [2019/03/14 16:56]
baba [Feather開発の準備]
arduino:bleで姿勢情報を送信 [2019/03/20 13:24] (現在)
baba [LSM6DS3開発の準備]
ライン 32: ライン 32:
  
 ===== LSM6DS3開発の準備 ===== ===== LSM6DS3開発の準備 =====
-Arduino Libraryがありますので,そちらをインストールすればOKです.下記リンクを参照してください.なおこのページでは,LSM6DS3とFeatherの +Arduino Libraryがありますので,そちらをインストールすればOKです.下記リンクのDocumentationを参照してください.なおこのページでは,LSM6DS3とFeatherの接続はI2Cとします.
-接続はI2Cとします.+
   * https://​github.com/​sparkfun/​SparkFun_LSM6DS3_Arduino_Library   * https://​github.com/​sparkfun/​SparkFun_LSM6DS3_Arduino_Library
 +  * ArduinoとLSM6DS3のI2C接続についてはこちらを参照:https://​learn.sparkfun.com/​tutorials/​lsm6ds3-breakout-hookup-guide
 +
 +なお,LSM6DS3のArduino LibraryはArduinoのライブラリマネージャーの検索からでてこないので,手動でインストールする必要があります.
 +  - インストール手順
 +    - ホームディレクトリ/​書類(My Document)/​Arduino/​libraries/​ の中にGithubでダウンロードしたフォルダを「SparkFun_LSM6DS3_Breakout」として保存する
 +    - Arduinoを再起動
 +    - ExampleにLSM6DS3をチェック
 +
 +
  
  
  • arduino/bleで姿勢情報を送信.txt
  • 最終更新: 2019/03/20 13:24
  • by baba